NEW! 2010年4月1日発行

『究極の田んぼ』 岩澤信夫著 日本経済新聞出版社

全国の書店にて発売中!

売れ行き好調のため、増刷が決定しました。


○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○

目次

     はじめに

     第1章 思い違いの農業

     第2章 大冷害の教訓

     第3章 生きものの偉大な力

     第4章 田んぼの驚くべき浄水能力

     第5章 コメつくりの技術開発物語

     第6章 自然と折り合う農業

     第7章 田んぼの市民農園制度を


○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○

216頁 四六判 定価(本体1,500円+税)

ISBN 978-4-532-49088-1

表そでより

怠け者、変わり者と笑われながら、長年の試行錯誤と

工夫の積み重ねによって、田んぼを耕さず、

農薬も肥料も使わずに多収穫のイネを

作ることに成功した男の物語。


耕さない硬い田んぼゆえに、かえってイネが強く多収穫になり

冬にも水を張っておくことにより、イトミミズが繁殖し、

その排泄物が雑草を抑制し、豊かな肥料にもなってくれる。

田んぼの食物連鎖によりメダカ、アカトンボ、カエル、

ガンなどの生きものが集まる自然豊かな田んぼが

日本各地に生まれている。


不耕起移植栽培の普及と環境再生農業の提唱で

2008年度吉川英治文化賞に輝いた著者が、

市民と農家が共に楽しめる、地球と人と生きものに

本当に優しい市民農園・村おこし構想を提言する。



<書評の紹介>

   □ 朝日新聞社:著者に会いたい

   □ 毎日新聞社:今週の本棚

   □ 毎日新聞社:サンデーらいぶらりぃ

   □ 新刊JP:新刊ニュース

テンプレートのpondt